入れ歯・インプラント|うめだ歯科医院|福生駅西口の一般歯科・小児歯科

〒197-0011 東京都福生市福生1046 キシビル2F
042-553-5161
ヘッダー画像

入れ歯・インプラント

入れ歯・インプラント|うめだ歯科医院|福生駅西口の一般歯科・小児歯科

入れ歯とは

入れ歯とは

入れ歯とは、様々な理由で歯がなくなってしまった場合の治療方法です。残っている歯があり、それを土台にする場合は部分入れ歯、すべての歯がない場合は総入れ歯による治療を適用します。
入れ歯は、種類によっては見た目が好みと合わない、装着すると違和感がある、話にくいなどの問題が起こることがあります。これらの問題が起きないよう、お口の中の状態を正確に診断し、医師と相談をしながら適切な入れ歯を選び、定期的なメンテナンスを受けることが大切です。

保険診療の入れ歯

保険診療の入れ歯は、費用を抑えられることが最大のメリットです。デメリットは、見た目が不自然であったり装着時に違和感がある場合があることです。

レジン床義歯

レジン床義歯

対応範囲が広く多くの症例に使用可能で、プラスチックであるレジンで土台を作ります。
入れ歯を支える金具が目立ちます。費用が抑えられます。
強度確保の土台の厚みが、使用時に違和感が出てしまいます。

保険診療外の入れ歯

保険外診療の入れ歯は、費用は高額になりますが見た目が自然で装着時の違和感を少なくすることができます。

コバルトクロム床義歯

コバルトクロム床義歯

コバルトクロムで土台を作るため、耐久性と快適性に優れています。義歯素材の中でも、長く使用されている歴史・実績があるため安心感があります。金属床の中では比較的安価です。

マグネットデンチャー

マグネットデンチャー

磁石を、入れ歯と残った歯の両方に取り付けて装着するので、磁石がしっかり吸着し合い、安定感に優れています。
残った歯の根元を利用するので、装着時の違和感が少ないです。

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー

樹脂で作られており、薄く軽く弾力感があるため装着時の違和感が少ないです。

ブリッジ

ブリッジとは、なくなった歯の両隣の歯を削って、そこに橋を渡すように人工の歯をかぶせる治療法です。

メリット

  • 保険適用で治療費を抑えられる
  • 天然の歯に近い使用感で、違和感が少ない

デメリット

  • 両隣の健康な歯を削る必要がある
  • 削った歯が虫歯や歯周病になるリスクが高まる

インプラントとは?どんな治療?

インプラントとは、医療器材を人の体に埋め込むことの総称です。歯科インプラント治療が普及してきたことにより歯科インプラントを「インプラント」と呼ぶことが一般的になりました。

インプラント治療は、歯を失った箇所に人工の歯根(インプラント)を埋入し、歯を補う治療法です。ブリッジや入れ歯と比較して残っている周りの歯を削ったりすることがないので審美的・機能的にも優れている治療で、第2の天然歯と呼ばれることもあります。

インプラントのメリット

インプラントに使われるチタンは、アレルギーも少なく、かみ合わせに耐えられる強度があります。チタンと骨が結合するのでしっかりと固定することができ、治療後は違和感がないため、天然の歯とほぼ変わらないかみ合わせを実現できます。

また、残っている他の歯を削ったり、装置をつけたりすることもありません。他の歯に負担をかけずに治療ができるのです。

各治療法の違い

インプラント

治療法 歯を失った箇所に人工の歯根(インプラント)を埋入し、歯を補う治療法
メリット
  • 周りの歯への負担が少ない
  • 見た目は天然の歯と違和感がない
デメリット
  • 自由診療のため治療費が高額になる
  • 外科的処置が必要
  • 治療期間が長い
  • 虫歯にはならないが歯周病にはなる

ブリッジ

治療法 ブリッジとは、なくなった歯の両隣の歯を削って橋げたとし、そこに橋を渡すように人口の歯をかぶせる治療法です。
メリット
  • 多くの場合保険が適用でき、治療費を抑えられる
  • 天然の歯に近い使用感で、違和感が少ない
デメリット
  • 健康な歯を削る必要がある
  • 両隣の歯に負担がかかる
  • 削った歯が虫歯や歯周病になるリスクが高まる
  • 無くなってしまった歯の本数、場所によっては保険が使えない

部分入れ歯

治療法 部分入れ歯とは、なくなった歯の隣の歯に金属などのばねをひっかけて固定する治療法です。
メリット
  • 保険適用で治療費が抑えられる
  • 条件が厳しくなく、多くの場合で治療が可能
デメリット
  • 固定のばねが目立ち、見た目が悪い
  • 装着に違和感があることが多い

総入れ歯

治療法 総入れ歯とは、歯が一本も残っていない場合の治療法です。プラスチックの土台に人工歯が固定されており、それを歯茎に装着します。
メリット
  • 保険適用で治療費が抑えられる
デメリット
  • 歯茎が痩せるため、数年ごとの作り替えが必要になる場合がある
  • 上あごをすべて覆われるので、装着の違和感、話しにくさがあることが多い

インプラント治療の注意点

インプラント治療は外科手術であるため、治療を受けるには全身の健康状態が良好である必要があります。また血管や神経の位置を立体的に把握し、骨量、骨密度を正確に確認できるため、インプラント治療の際にはCTによる診査・診断が必須となっています。治療期間は長く、治療費は保険適用外となります。
治療の条件は、治療予定の部位に骨がしっかりあることです。骨が足りないとインプラントを埋め込むことができないためです。骨が足りない場合は、GBR(骨誘導再生法)を受ける必要があります。

治療後についても、毎日のケアが不十分であったり、定期的なメンテナンスを受けていないことで、インプラント周囲炎になる恐れがあります。インプラント周囲炎は、自然に治ることはないため、歯科医院で適切な処置を受けることが必要です。炎症が進行している場合は、インプラントを摘出する必要があったり、インプラントが突然抜け落ちてしまうことがあります。
当院ではインプラント治療後、インプラント周囲組織の診査と定期検診を行います。