小児歯科|うめだ歯科医院|福生駅西口の一般歯科・小児歯科

〒197-0011 東京都福生市福生1046 キシビル2F
042-553-5161
ヘッダー画像

小児歯科

小児歯科|うめだ歯科医院|福生駅西口の一般歯科・小児歯科

小児歯科とは

小児歯科とは

0歳~15歳までの子どもを対象とした歯科です。この時期は歯が生え変わるタイミングでもあり、口の中は終始変化しています。その変化に合わせた治療を行い、口の中の健康に対する意識を高めるため、適切な歯磨き指導をして予防を習慣づけることも大切です。まだ上手に歯磨きができない小さなお子さんには、フッ素を塗布する、歯の溝にシーラントを埋めるなどの方法で、虫歯になりにくい環境を作ってあげることもできます。

乳歯の種類と生える時期は?

乳歯は、まずは生後6カ月くらいに下の前歯が生え、奥歯へ向かって順番に生えていき、2~3年で生えそろいます。

乳歯の種類と生える時期

  • 乳中切歯(生後6~7カ月)※前歯
  • 乳側切歯(生後7~9カ月)※前歯の隣の歯
  • 第一乳臼歯(生後12~14カ月)※奥から2番目の歯
  • 乳犬歯(生後16~18カ月)※前歯の2本隣の歯
  • 第二乳臼歯(生後20~24カ月)※最も奥の歯

乳歯の特徴 

子どもの歯(乳歯)は大人の歯(永久歯)とは異なる特徴があります。

生え変わる 

乳歯の下には永久歯がおり、生え変わりを待っています。

生え変わるからと言ってむし歯を放置すると、永久歯のむし歯や不正咬合を招きます。乳歯を大切にしましょう。

むし歯になりやすい

乳歯は「歯の層であるエナメル質・象牙質が薄く柔らかい」ことがわかっています。

そのため、もろく簡単にむし歯が進行してしまいます。また、永久歯に比べて歯が酸に弱く虫歯になりやすいので、1本の歯が虫歯になるとその隣にもすぐ広がってしまいます。

乳歯の役割

食べ物を噛めるようになる

子供の小さな口のサイズに合った乳歯が1本1本生え揃うに従って、噛む、吸い込む、すり潰すといったお口の機能が高まっていきます。

正しく発音できるようになる

乳歯が生え揃うと舌の位置が定まるため、正しく発音できるようになります。言葉を話すためにも、乳歯は役立っています。

あごの発育を助ける

乳歯でしっかり噛めると、あごが健やかに発育します。顔の形もしっかり整っていきます。

永久歯が正しく生えるようサポート

乳歯には、後から生えてくる永久歯のガイドとしての役割もあります。

虫歯などで早くから乳歯を失うと、永久歯が生えてくる目印を見失い、歯並びが乱れる原因になります。

子どもが不安になる気持ちを考えた治療と心のケアが大切

治療の前のトレーニング

治療が苦手なお子様には、まず「はいしゃさん」に慣れてもらうためにトレーニングから行います。
お一人で歯科用ユニット(チェア)に座れない場合は、座れるようにする練習から始めます。
その後は危なくない器具には触れてもらったり、「タービン」や「バキューム」から出る音や動きに慣れてもらうように遊びながら進めていくこともあります。
このようなトレーニングを数回とり入れると、ほとんどのお子様は、「はいしゃさん」=「こわいばしょではない」へと気持ちが変わっていきます。

治療開始

トレーニングを終えたばかりのお子様や、治療にまだ慣れていないお子様は、小さなむし歯の治療から始めます。徐々に歯科麻酔が必要な大きめなむし歯の治療へと進めていきます。

治療を終えて

治療中に泣いてしまったり、動いてしまったりで、予定どおりに進まなかった場合でも治療したことを、たくさん誉めてあげます。
お子様は自信を持ち達成感が得られます。はじめの頃はよく泣いてしまっていたお子様も、回数を重ねると見違えるほど落ち着いて治療を受けられるようになります。

むし歯になりにくい歯へ

生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中は無菌状態で、むし歯菌はいないと言われています。では、なぜむし歯になるのでしょうか?
むし歯は感染症です。つまり、お口のスキンシップなどを通じて周囲の大人からお子様のお口にむし歯菌が移り、むし歯に感染してしまうのです。

むし歯菌に感染しやすい時期は、生後17ヵ月~27ヵ月の間です。この17ヵ月~27ヵ月の間に、お子様と同じ箸やスプーンを共有しない、噛み与えをしない等のお口のスキンシップを控えることで、成長した時のむし歯の本数を少なくすることができます。

お子様の歯の健康のために意識すべき点

  • 甘いおやつから歯にやさしいキシリトールなどが入ったお菓子に変える
  • すぐに飲み込ませずによく噛んで食べさせる
  • 食べ終わった後はすぐに歯磨きをする
  • 歯を磨けない場合には口ゆすぎをする

虫歯を予防するために

歯磨き指導

歯磨き指導

お子さまが歯磨きを好きになるように丁寧に指導いたします。
歯磨き、ブラッシング指導では、虫歯を防ぐために効果的なブラッシング法を楽しみながら、歯科衛生士が丁寧に指導していきます。

フッ素塗布

フッ素塗布

乳歯や生えてきたばかりの永久歯は、虫歯になりやすく、しかも急激に進行します。
虫歯を予防するために、フッ素を歯の表面にコーティングします。
フッ素の効果は、お子さまのお口の中の状態によってさまざまです。
フッ素の塗布は歯の生える本数を基準に3ヵ月毎、年に4回を目安とし、医院でのケアを受けることをお勧めします。
またご家庭でのフッ素入り歯磨き粉の使用を、医院でのケアと並行されるとより効果的です。

シーラント

シーラント

お子さまの歯、特に奥歯の溝は複雑な形をしているので、なかなか歯ブラシの毛先が入りません。
そのため汚れが溜りやすく虫歯が発生することもあります。
細かい溝を歯科用の薄いプラスチックでふさいで虫歯を予防するのがシーラントです。